下谷・根岸コースのご案内

台東区の北端、上野台の岸下、音無川の岸、根の岸から根岸、江戸湾の海岸線で沼地の岸から根岸になったという説もあります。根岸はかつて市部と郡部の境界で、音無川が流れていました。現在は暗渠ですが、道筋の地下に流れている様子を窺える場所が残っています。

現在の台東区の域内で江戸から明治にかけてもっとも多くの文人や画家が住んだのはこの地域でした。古くは酒井抱一や亀田鵬斎、明治になってからは正岡子規、中村不折など、数えればきりがありません。


元三島神社
弘安の役(1281)で活躍した、河野通有が四国大三島から勧請した大山積神を祀っています。
根岸庚申塚
江戸時代、根岸田圃にあったもので、現在でも地元の人々に守られています。
子規の句碑
江戸時代から続く豆腐料理屋の前にある、子規直筆の俳句。(「水無月や・・・」)
根岸子規庵
(有料)

子規の終焉の家です。昭和25年に再建されました。

書道博物館
(有料)
洋画家であり書家でもあった中村不折によって開館された博物館。不折の作品、収集の古美術品などを展示
根岸薬師寺
碑にある「御隠殿」ってなに?
ねぎし三平堂
(有料)
林家三平の笑いの精神を今に残しています。
背向き地蔵
(薬王寺)
新街道から見ると・・・お地蔵さんは後ろ向き?
三島神社
(雷井戸)
雷の子供を閉じ込めた井戸?
了源院
(火除観音)
江戸時代初期に創建された寺。ご本尊は?
石稲荷神社
江戸時代に創建された稲荷社で、出世、子供の夜泣きにご利益がある。酒井抱一が奉納した幟旗が収蔵されています。
御行の松
(西蔵院)
3代目の江戸の名松があります。
西念寺
(身代り地蔵)
江戸時代の初期、小野の阿通がお祀りしたと伝えられています。
真源寺
(鬼子母神)

「ツノ」のない鬼子母神?
7月の朝顔市で有名です。

英信寺
(三面大黒天)
三つの顔を持つ大黒様が祀られています。
三つの顔とは?
法昌寺
(たこ地蔵)
本堂の傍の「たこ地蔵」ってなに?
誰のこと?
小野照崎神社
ご祭神は平安初期の学者・小野篁(たかむら)。
ここは学問の神様?
富士塚
富士山の溶岩で造られたお山です。山開きもありますよ。でも、なぜ富士山?