谷根千コースのご案内

  • 谷根千とは、台東区「谷中」、文京区「根津」「千駄木」の頭の文字をとった造語です。
  • 3つの地域とその界隈に広がる、下町情緒あふれる街並みが残る地域で、いずれも「美しい日本の歴史的風土100選」にも選ばれています。
  • 由緒ある寺社や名所・旧跡、1つ1つに名前のついた親しみやすい坂が多いのがこの地域の特徴の一つであると言えるでしょう。
  • 都心にありながらどこか懐かしさが感じられる谷根千地域をぶらりと散策してみてはいかがでしょうか。
  • ご注意!このコースは当会の新コースです。実際のガイドは2019年4月1日から実施します。お申し込みの受付は既に開始しております。
夕焼けだんだん
テレビ・雑誌でよく取り上げられる谷中銀座の入り口です。

岡倉天心記念公園

日本美術院発祥の地。公園内の六角堂には岡倉天心の像があります。
全生庵
西郷さんが高く評価した幕臣・山岡鉄舟が維新後に建てたお寺です。
大円寺
ポイントは珍しい形のお堂。笠森お仙の碑もあります。
須藤公園
加賀藩の支藩の大聖寺藩(十万石)の屋敷跡。
森鴎外旧居跡
森鴎外の旧居・観潮楼があったところ。現在は文京区立森鴎外記念館になっています。(有料施設、入場はしません)
千駄木ふれあいの杜
山手線の内側で開設されている唯一の市民緑地です。
夏目漱石旧居跡
漱石が初めての小説『吾輩は猫である』を書いた家があったところです。
根津神社
(重文多数)
日本武尊の創祀と伝えられる古社。現在の社殿は5代将軍・綱吉公が奉建したもの。